2019年8月3日土曜日

企画展開催のお知らせ

8月になり、暑さが日に日に増してきました。
熱中症には十分に気を付けたいですね。


さて、本日より大西藤山歴史資料館では企画展を開催します。
今回は「国史跡 妙見山古墳」がテーマです。


妙見山古墳は、愛媛県で初めて古墳として国史跡に指定されました。
令和を迎えた今、妙見山古墳の魅力を再発見できるきっかけとして、改めてこの古墳はどのような遺跡なのか、なぜ国史跡になったのかを中心に展示を行います。
同じく古墳で国史跡になっている葉佐池古墳(松山市)と宇摩向山古墳(四国中央市)と比較し、それぞれの古墳の特徴を紹介します。
また、妙見山古墳とともに歩んできた大西町の歴史についても展示をしていますのでぜひお越しください。


さらに、来館された小学校以下の方には、ぬりえとシールもプレゼントします!
こちらは1人1枚ずつとなりますので、ご了承ください。




皆様のお越しをお待ちしております!!

2018年7月31日火曜日

企画展開催中

連日のように猛暑が続いていますね。
熱中症には十分お気をつけください。


現在、大西藤山歴史資料館では企画展『妙見山古墳から相の谷古墳へ -海の見える古墳から広がる今治の古墳-』を開催しております。
今治市には数多くの古墳が存在しており、その多くは古墳時代後期(6世紀頃)とされています。
しかし、今回の企画展で紹介している妙見山古墳と相の谷古墳は、古墳時代の初め頃に造られた数少ない古墳の代表です。
この二つの古墳には、海に近い丘陵上に造られている共通点があります。
なぜこのような場所に造られたのでしょうか。
相の谷古墳の出土品は、愛媛県歴史文化博物館で保管されているため、普段は一部しか見ることができません。
貴重な相の谷古墳の出土品をこの機会に是非ご覧ください。


皆様のお越しをお待ちしております。

2018年1月12日金曜日

出張展示のお知らせ

1月17日(水)から2月19日(月)まで、愛媛大学ミュージアムで開催されます企画展『笠置峠古墳と妙見山古墳 ―ランドマークの過去・現在・未来―』にて、妙見山古墳出土資料3点が出張展示されます。
また、1月20日(土)には第15回愛媛大学考古学研究室公開シンポジウム『笠置峠古墳と妙見山古墳』が開催されます。


愛媛大学ミュージアムでは、弥生時代の集落遺跡「文京遺跡」の展示や東アジア地域の鉄文化に関する展示もされておりますので、松山にお立ち寄りの際は足を運んでみてはいかがでしょうか。




2018年1月4日木曜日

新年を迎えて

三が日も終わりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も大西藤山歴史資料館をよろしくお願い致します。

2017年12月28日木曜日

年末年始休業

いよいよ2017年も残りわずかとなりました。
本年は企画展で多くの方に来ていただき、充実した一年となりました。
来年もより妙見山古墳を広く知っていただけるような企画をしたいと考えております。


さて、タイトルにありますように大西藤山歴史資料館は明日12月29日から1月3日まで休館致します。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えください。

2017年11月28日火曜日

企画展が無事終了しました

9月23日より開催しておりました企画展『妙見山古墳と笠置峠古墳の比較展 -古墳上における供養を再現する-』が11月26日をもって終了いたしました。
会期中には多くの方に観覧いただき、講演会も大盛況となりました。
今回の企画展には、様々な方のご支援をいただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
今後も企画展を開催したいと考えておりますので、その際には是非当館に訪れてみてください。

2017年10月20日金曜日

一気に寒さが増し、秋めいて参りましたが皆様いかがお過ごしですか。


今回は、10月14日(土)に開催されました講演会の模様をお伝えします。
本講演会には90名の方にお越しいただき、地元の方はもちろんのこと、市内外からも多くの方にお集まりいただきました。


西予市教育委員会の高木先生には、笠置峠古墳と宇和町で地元住民の方達と取り組んでいる「古代ロマンの里構想」について、村上水軍博物館の田中さんには笠置峠古墳と折り曲げ鉄器について、愛媛大学名誉教授の下條先生には妙見山古墳と笠置峠古墳などの古墳時代初めの前方後円墳についてご講演いただきました。
普段なかなか聞けなかったり、初めての見解であったりと皆様熱心に聴講されておりました。